生理前 吐き気 初めて 陰性

生理前に初めての妊娠検査薬で陰性!でも吐き気がする理由は?

生理前 吐き気 初めて 陰性

 

生理前になると吐き気がすることは普通にあります。
月経前症候群とか生理前症候群、あるいはPMSと呼ばれています。

 

生理前になると分泌される女性ホルモンの影響です。
具体的にはプロゲステロンです。

 

プロゲステロンは生理がくることで分泌量が減ります。
そのため生理前に起こる吐き気や腹痛などの症状は生理がきたら治まるのが普通です。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

こんな感じで生理前に起こる吐き気は
月経前症候群の可能性が高いです。

 

とはいえ、旦那さんと排卵日あたりに仲良しをしている方は
ちょっと違うことを期待しているでしょう。

 

妊娠検査薬

 

生理日あたりに吐き気があるので
初めて妊娠検査薬で妊娠しているかどうか検査しているとします。

 

そして結果は陰性
そんな場合でもまだ妊娠があきらめきれないかもしれません。

 

この記事では、生理前から続く吐き気に対して
初めてした妊娠検査薬による検査が陰性であったときに
どんなことが考えられるのか?解説します。

 

初めての検査で陰性!生理前から続く吐き気の原因は?

 

初めての妊娠検査薬で陰性

 

生理日あたりに行った妊娠検査薬での検査が陰性であっても
妊娠している可能性は否定できません。

 

というのは生理日あたりにおこなう妊娠検査薬での検査を
フライング検査というくらい、検査をするには早すぎるのです

 

正確に妊娠しているか判断できるのは生理予定日の一週間後からです。
なので生理日あたり、もっというと生理前に初めての検査を行うには早すぎます。

 

もし吐き気が続くようなら、
もう少し時間がたってから再度、妊娠検査薬で検査しましょう。
今度は陽性になる可能性もありますよ。

 

排卵日がずれている

 

あともう一つの可能性としては
排卵日や生理予定日がずれている可能性もあります。

 

排卵日は基礎体温を毎日計測することで判断できますよ。
基礎体温の測り方についてはこちらの記事が詳しいです。
基礎体温の測り方5つのコツとは?正確に基礎体温を測るためにできること

 

ちょっとした体調不良でも
排卵日や生理予定日がずれることがあります。

 

そのため、生理予定日から1週間たったつもりでいても
実はまだ生理前ってことも考えられます。

 

なので、吐き気が治まらなくて心配でしたら
婦人科か内科を受診しましょう。

 

「そこまで心配ではないけど・・・」
という場合には、しばらく時間がたってから妊娠検査薬で
もう一度検査してみましょう。

 

こちらも参考に!⇒布ナプキンで生理痛が治まる理由とは?

 

スポンサードリンク


トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次