生理前 体温 下がる

生理前なのに体温が下がるのは異常?

生理前の体温が低い

 

「基礎体温」という言葉を女性なら一度は聞いたことがあると思います。
基礎体温を毎日測ることで自分の身体の状態を知ることができるんです。

 

基礎体温を測ることで排卵日や生理周期を知ることが出来ます。

 

基礎体温を測り始めると体温が高い時期と
低い時期に分かれることがわかってきます。

 

一般的に体温が上がる高温期と体温が下がる低温期は約14日で切り替わります。

 

つまり生理1日目から次の生理がはじまるまでを1周期とすると、
1周期は28日前後になります。

 

基礎体温が高温期と低温期に分けられる理由は女性ホルモンの影響です。
高温期はプロゲステロンという女性ホルモンが多く分泌され排卵期から生理前まで続きます。

 

生理前の体温が低い

 

それに対して低温期は、エストロゲンという女性ホルモンが多く分泌され
生理後から排卵前まで続きます。
プロゲステロンとエストロゲンは作用が全く異なるので、体温も変化するのです。

 

プロゲステロンは排卵期から分泌しはじめ生理前まで続きます。
プロゲステロンは、受精卵を着床しやすくするために子宮内膜の厚みを増やします。

 

しかし受精卵が着床しなかったり、受精がないときは、
プロゲステロンの分泌は減っていきます。

 

そして子宮内膜の組織がはがれて生理が始まるんです。

 

つまり生理直前に体温が下がるのは、
プロゲステロンの分泌が減りエストロゲンに切り替わるからなんですね。

 

高温期から急に基礎体温が下がったら当日か翌日には生理が始まるので
お出かけのときには、生理用品をかばんに入れておくと安心ですね。

 

したがって生理前に体温が下がるのは妊娠していなかっただけで
異常な状態ではありません。ご安心ください。

 

こちらも参考に!⇒生理前は体温が高いのは普通?

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

生理前は体温が高いのは普通?
生理前は体温が高いのは普通のことでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次