生理前 体温 高い

生理前は体温が高いのは普通?

生理前の体温が高い

 

「生理前になるとなぜか体温が高い」と心配になっていませんか?

 

生理が起こる直前になると体温が37℃を超えたりして微熱を感じる人がいます。
風邪と勘違いする人もいるようです。

 

生理前になると基礎体温は少しずつ高くなり黄体期に入ります。
黄体期は体温を高くして、妊娠がしやすくなるように体を整えているのです。
これは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きによるものです。

 

ちなみに黄体期は別名高温期とも呼ばれています。
詳しくはこちらの記事で解説しています。
生理前症状はいつから?

 

生理前の体温が高い

 

話は戻って黄体期に入ると体調に変化が見られます。
人により症状は様々ですが気分がイライラしたり乳房が張ってきたり、
痒みが出たり下腹が張ったり、腹痛がひどく寝込む人もいます。

 

これらの不調は月経前症候群と呼ばれています。
月経前症候群の一つの症状として37℃前後の微熱があるわけです。

 

基礎体温を毎日測っていると黄体期に入る頃が分かってきます。
基礎体温は毎朝行動する前にベッドの中で測りましょう。

 

婦人体温計を使用し口の中で、正確には舌の裏側の中央に差し込んで測ります。

 

月経前症候群の症状として腹痛や吐き気があります。
吐き気といえば、妊娠の証明にもなるつわりがあります。

 

生理前の体温

 

では月経前症候群と妊娠初期の症状の違いは何でしょうか?
詳しくはこちらの記事で解説しています。
月経前症候群と妊娠初期症状の違いは?

 

あと生理前のつらい症状っていつから現れるのが普通なのでしょうか?
詳しくはこちらで解説しています。
生理前症状はいつから?

 

こちらも参考に!⇒布ナプキンで生理痛が治まる理由とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

生理前なのに体温が下がるのは異常?
生理前なのに体温が下がるのは異常なことでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次