生理前症状 熱

生理前症状として熱がでることがあるのはなぜ?

「生理前になると熱がでる」という女性が多いです。
これは女性ホルモンが関係しています。

 

生理前 熱

 

妊娠していない女性は以下のような生理周期があります。

 

生理中

 

↓ ↓ ↓

 

低温期(卵胞期)

 

↓ ↓ ↓

 

排卵日

 

↓ ↓ ↓

 

高温期(黄体期)

 

↓ ↓ ↓

 

生理中

 

 

生理前というのは高温期のことを指します。
高温期というのは朝一番に測る体温が37℃前後と高温になる時期です。

 

高温期はプロゲステロンという女性ホルモンがたくさん分泌されます。

 

プロゲステロンが分泌されると以下のような症状がでます。

 

  • イライラして情緒不安定になる
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 食欲が増す
  • 体がむくみ体重が増える
  • 体温が上がる(高温期)

 

などの症状が高温期になるとでます。

 

生理前 熱

 

「じゃ、高温期はどれくらいの期間続くの?」と気になる方も多いでしょう。
高温期は約14日間続きます。

 

つまり、生理前症状として約2週間くらい熱っぽい感じがするのは病気ではありません。
むしろ熱が上がらないと、プロゲステロンがうまく分泌されていない可能性もあります。

 

プロゲステロンがうまく分泌されない病気を黄体機能不全といいます。
黄体機能不全は不妊症の原因です。

 

黄体機能不全の詳細はこちらをご覧ください。
黄体機能不全になると起こる3つの症状とは?

 

最後にまとめますと生理前症状として熱がでる理由は
プロゲステロンという女性ホルモンの影響です。

 

正常なことなのであまり心配しないでくださいね。

 

スポンサードリンク

関連ページ

生理前の体重増加は何日前から起こるの?
生理前の体重増加は何日前から起こるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理前になるとイライラする原因は?
生理前になるとイライラする原因についてわかりやすく解説しました。
生理前に眠気がするのは異常?
生理前に眠気がするのは異常なことでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理前になると異常に食欲がでる3つの原因とは?
生理前になると異常に食欲がでる3つの原因についてわかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次