生理前 体重 何日前

生理前の体重増加は何日前から起こるの?

「生理前になるとデブになるから嫌だ」と思っている女性は多いです。
生理前になると体重はほぼ確実に増加します。

 

生理前について解説する医師

 

おそらくあなたは「生理前の体重増加って何日前くらいから始まるの?」
と疑問に感じてこの記事を読んでいただいていると思います。

 

結論からしますと
生理前の体重増加は10日前くらいから始まります。
そして生理が始まったら増えた体重は元に戻るんです。

 

「どうして生理前になると体重が増えるの?」
と不思議な気持ちになっている方も多いと思います。

 

女性の生理周期は以下のように循環しています。

 

生理中

 

↓ ↓ ↓

 

低温期

 

↓ ↓ ↓

 

排卵日

 

↓ ↓ ↓

 

高温期(生理前)

 

↓ ↓ ↓

 

生理中

 

です。

 

今回の記事でいうところの生理前というのは
排卵日が過ぎたあとの時期で、高温期と言います。

 

高温期は約14日間続きます。
高温期というくらいですから、基礎体温が37℃前後まで上がる時期です。
逆に低温期は基礎体温が36℃台前半になります。

 

生理前について解説する医師

 

高温期にはプロゲステロンという女性ホルモンが分泌されます。

 

プロゲステロンは

  • 体温を上昇させる作用
  • 情緒不安定になる
  • 体の水分を維持させる作用

 

などがあります。

 

生理前になると体重が増えるのはプロゲステロンが分泌され
体の余分な水分をオシッコとして外に出させないために起こるのです。

 

つまり、生理前になると体重が増えるのはプロゲステロンが分泌され
余分な水分が外に出ないからです。

 

「生理前、つまり高温期って14日間続くのに、
どうして体重増加は10日前くらいから起こるの?」と勘のいい方なら感じたことでしょう。

 

プロゲステロンが生理前、約14日間分泌され、余分な水分が体に残るわけです。

 

とはいえ、プロゲステロンが分泌された初日よりも2日目、
2日目よりも3日目の方が体重は増えています。
水分が少しずつ蓄積されていくわけですから。

 

また、生理前に体重が増えるといっても2〜3Kg程度でしょう。

 

仮に生理直前までに体重が3Kg増えるにしても
3Kg÷14日間=0.21(210g)

 

つまり、1日200gくらいしか増えないので
高温期初日に、自身の体重増加を体感することは無理でしょう。

 

やはり高温期になって4日目くらい、生理10日前くらいから
体重増加に気づくのは自然ですね。

 

最後にまとめますと、生理前に体重が増えるのは10日前くらいからです。

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

生理前症状として熱がでることがあるのはなぜ?
生理前症状として熱がでることがあるのはなぜでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理前になるとイライラする原因は?
生理前になるとイライラする原因についてわかりやすく解説しました。
生理前に眠気がするのは異常?
生理前に眠気がするのは異常なことでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理前になると異常に食欲がでる3つの原因とは?
生理前になると異常に食欲がでる3つの原因についてわかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次