生理予定日 腰痛

生理予定日に腰痛が起こる原因は妊娠?

生理予定日 腰痛

 

生理が来る前って、腹痛や腰痛、便秘、下痢、イライラなど
つらい症状がいろいろ起こることがあります。

 

上記のような症状も生理予定日ころになると治まることが多いです。

 

ただ、生理予定日になっても腰痛などの症状が治まらないこともあります。

 

「もしかして椎間板ヘルニアにでもなったの?」と思ったり、
あるいは「妊娠しているの?」と不安と期待にドキドキしたりする方もいるでしょう。

 

ただ生理予定日に妊娠検査薬を使って陽性や陰性がでても
確実に妊娠しているとか妊娠していないとはいえません。

 

たいていの妊娠検査薬は生理予定日から1週間後に使用するように
説明書に書かれていますから。

 

この記事では生理予定日に腰痛が起こる原因について解説します。

 

 

生理予定日に腰痛が起こる原因とは?

 

女性の腰痛の原因

 

生理予定日に腰痛が起こる原因は
  • 妊娠初期
  • 月経前症候群が続いている

 

の2つがあります。

 

生理予定日はあくまで、生理がくる可能性のある日ですから
妊娠している場合もあります。

 

もし妊娠していたら生理はきません。

 

妊娠初期に腰痛が起こる原因はリラキシンというホルモンの影響です。
骨盤は左右にあって、くっついています。

 

骨盤

 

リラキシンは左右の骨盤をつないでいる恥骨結合という部分を緩める作用があります。
すると、骨盤のくっつき方が弱くなります。

 

骨盤は腰を支えています。

 

骨盤が緩み、腰がうまく支えられないと腰の周りの筋肉で支えようとします。
腰の筋肉に負担がかかるわけです。

 

だからリラキシンが分泌され骨盤が緩む結果、
腰をうまく支えられなくなり腰の筋肉に過剰に力が入ります。

 

その結果、腰痛が起こるのです。

 

たとえば肩こりや肩の痛みだって、パソコン作業などで前かがみ姿勢になり
肩の筋肉に力が入り過ぎた結果、起こることがあります。

 

これと同じ現象が腰にも起こっているわけです。

 

月経前症候群

 

あともう一つの生理予定日に起こる腰痛の原因ですが月経前症候群があります。
「月経前症候群って何?」という方はこちらの記事をご覧ください。
月経前症候群について

 

ここでは簡単に説明しますと
月経前症候群とは生理がくる約2週間前から起こる
腹痛や腰痛などの不快な症状のことをいいます。

 

月経前症候群はプロゲステロンという女性ホルモンの影響です。
生理予定日であっても、体調によっては生理予定日より前に生理がきたり
後に生理がくることだってあります。

 

だから生理予定日であっても月経前症候群の影響で腰痛が起こることはあり得ます。

 

最後にまとめますと生理予定日に腰痛が起こる原因は

 

  • 妊娠初期
  • 月経前症候群

 

の2つの可能性があります。

 

こちらも参考に!⇒生理予定日に茶オリは異常?

 

スポンサードリンク

関連ページ

生理予定日に茶オリは異常?
生理予定日に茶オリは異常なことなのでしょうか?わかりやすく解説しました。
アフターピルと生理予定日について
アフターピルと生理予定日についてわかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次