アフターピル 生理予定日

アフターピルと生理予定日について

アフターピル 生理予定日

 

生理予定日とアフターピルについて解説します。

 

排卵日前1日から排卵日までの間に異性と仲良しすることで
妊娠しやすくなります。

 

排卵日は基礎体温を毎日測ればわかります。
基礎体温は朝起きた瞬間、しかも寝たまま測った体温のことです。

 

毎日基礎体温をつけていると
36℃台前半の低い体温から、急に37℃前後の高い体温になるタイミングがあります。
ここが排卵日です。

 

子宮内膜

 

排卵日から約14日後が生理予定日です。
排卵日に異性と仲良しすると、受精し子宮内膜という赤ちゃんのベッドに着床します。
子宮内膜に着床するのは異性と仲良ししてだいたい7日目です。

 

もし排卵日あたりに異性と仲良ししたけど
妊娠を望まないなら、仲良ししてから72時間以内にアフターピルを飲みましょう

 

アフターピルを飲んでから12時間後にもう1回アフターピルを飲んでください。
すると、約80%の確率で妊娠を回避できます。

 

アフターピルについて

 

アフターピルは子宮内膜を無理やり剥がす作用があります。
子宮内膜が剥がれれば受精卵が着床する場所がなくなります。
その結果、着床できず妊娠が成立しません。

 

あと、妊娠しなかったことの確認ですが
アフターピルを飲んでから3週間以内に生理のような出血があることです。

 

生理予定日がいつか?というより
アフターピルを飲んでから3週間以内に生理のような出血があれば妊娠していません。

 

それから生理予定日にあたりに異性と仲良ししても
妊娠することはふつうありません。

 

なぜなら生理予定日とは排卵があって約14日後のことだからです。
排卵が一度あったら、次の排卵は28日から35日先であることがほとんどです。

 

排卵後14日以内(生理予定日)にもう一度排卵が起こることは通常ありませんから。

 

生理予定日

 

最後にまとめますと、とにかく毎日基礎体温をつけて排卵日を確認してください。
基礎体温が急激に37℃前後になったところが排卵日です。

 

排卵日前1日から排卵日あたりの異性との仲良しが一番妊娠しやすいです。
もし妊娠を望まない場合には、仲良し後72時間以内にアフターピルを飲み
さらに12時間後にアフターピルを飲みましょう。

 

その後3週間以内に生理のような出血があれば妊娠していない可能性が高いです。
出血は生理予定日より後になることもあれば前になることもあります。

 

それから生理予定日あたりに仲良しをしても妊娠することはふつうありません。

 

さらに詳しく望まない妊娠を避ける方法を知りたい方はこちらの書籍をおすすめします。
女性なら知っておきたい避妊の方法【電子書籍】[ All About編集部 ]

 

こちらも参考に!⇒生理予定日に茶オリは異常?

 

スポンサードリンク

関連ページ

生理予定日に茶オリは異常?
生理予定日に茶オリは異常なことなのでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理予定日に腰痛が起こる原因は妊娠?
生理予定日に腰痛が起こる原因は妊娠なのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次