経血 少ない 20代

20代で経血が少ないなら原因はコレです

経血 少ない

 

30代を過ぎて経血の量が少なくなる原因はホルモンバランスの乱れです。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

30代で経血が少ないなら原因はコレです

 

では20代で経血が普段より少ない場合、どんな原因が考えられるのでしょうか?

 

 

20代で経血が普段より少ない場合に考えられる原因は?

 

ストレス過剰

 

ストレス

 

20代になり
  • 子供が生まれた
  • 仕事が忙しすぎる
  • 人間関係がうまくいっていない

 

などが原因でストレスを抱え込むと
女性ホルモンがうまく分泌されず経血の量が少なくなることがあります。

 

中絶手術や子宮の病気

 

  • 中絶手術を受けすぎ
  • 子宮内膜炎を起こしている
  • 子宮がうまく発育できていない

 

などが原因で子宮の形が正常でないために
経血の量が少なくなることを器質性過少月経といいます。

 

20代女性でも器質性過少月経が起こることはあります。

 

機能性過少月経

 

経血 少ない

 

  • 無排卵月経
  • 黄体機能不全

 

などが原因で経血の量が少なくなることを機能性過少月経といいます。

 

無排卵月経や黄体機能不全は婦人科に行けば診断が簡単につきますし治療もできます。
以上が20代で経血の量が普段より少なくなる原因でした。

 

どの原因であっても婦人科に行けば診断・治療が可能です。
「普段より経血の量が少ないな」と感じている方は病院に行くようにしましょう。

 

経血の量など、生理に関して不安を感じている方は布ナプキンを試してみませんかか?

 

布ナプキンのメリットについてこちらで解説しました。
布ナプキンで生理痛が治まる理由とは?

 

こちらも参考に!⇒子宮筋腫だと経血の量は少ない?

 

スポンサードリンク

関連ページ

30代で経血が少ないなら原因はコレです
30代で経血が少ないなら原因は当サイトで記載されている内容が当てはまります。
子宮筋腫だと経血の量は少ない?
子宮筋腫だと経血の量は少なくなるのでしょうか?それとも多くなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次