子宮筋腫 経血 少ない

子宮筋腫だと経血の量は少ない?

子宮筋腫になると経血の量は少なくなるのでしょうか、
それとも経血は多くなるのでしょうか。

 

経血 少ない

 

まずそもそも子宮筋腫はどんな病気なのでしょうか?

 

子宮筋腫は40代以上の女性の約25%が持っています。
40代以上の女性の約25%が子宮筋腫だと聞いて不安になる方もいるでしょう。

 

ただ子宮筋腫は子宮の筋肉にできた良性の腫瘍です。
腫瘍には悪性と良性があります。

 

悪性は全身に転移し手遅れになることもある恐ろしいガンのことです。
良性は全身に転移することがありません。

 

つまり子宮筋腫は良性なので大きくなることはあっても
全身に転移して命を落とすことはありません。

 

ここまで踏まえて40代以上の女性の約25が持っている子宮筋腫になると
経血の量は多くなるのでしょうか、それとも少なくなるのでしょうか?

 

 

子宮筋腫を患うと経血の量は少ない?多い?

 

経血 少ない

 

子宮筋腫は先ほども申しましたが子宮の筋肉にできた良性の腫瘍のことです。
経血、つまり生理のときにでる血液は厚くなった子宮内膜を剥がしつつ一緒にでてきます。

 

子宮内膜は月経周期ごとに厚くなり、
妊娠していたら赤ちゃんのベッドの役割を果たします。

 

逆に妊娠していない場合には経血として一緒に出ていきます。

 

だから子宮内膜が厚い方がより多くの経血が出るわけです。

 

経血 少ない

 

経血の量に関してはこちらの記事も参考にしてください。
30代で経血が少ないなら原因はコレです

 

話は戻って子宮筋腫ができると子宮全体の面積も増えます。
その分、子宮を覆う子宮内膜の量も増えます。

 

したがって、子宮筋腫になると経血は少ないわけでなく
むしろ多くなるわけです。

 

子宮筋腫になる

 

↓ ↓ ↓

 

子宮を覆う子宮内膜の量も増える

 

↓ ↓ ↓

 

生理時に剥がれる子宮内膜の量も増える

 

↓ ↓ ↓

 

経血の量が増える

 

というメカニズムです。

 

こちらも参考に!⇒30代で経血が少ないなら原因はコレです

 

スポンサードリンク

関連ページ

30代で経血が少ないなら原因はコレです
30代で経血が少ないなら原因は当サイトで記載されている内容が当てはまります。
20代で経血が少ないなら原因はコレです
20代で経血が少ないなら原因については当サイトで詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次