経血 少ない 30代

30代で経血が少ないなら原因はコレです

経血 少ない

 

30代になり、「20代のときと比べて経血の量が少なくなってきたな」

 

「以前までの生理と経血の色や量が違ってきている」と感じている方は多いです。

 

ここでは30代になり経血の量が少なくなる原因について解説します。

 

 

30代になり経血の量が少ない状態になる原因とは?

 

経血 少ない

 

30代になり経血が少ないと感じるようになる原因は
ホルモンバランスの乱れ』が多いです。

 

30代以上の女性は、年々、ホルモンバランスが乱れやすくなっていきます。
女性の月経は女性ホルモンでコントロールされています。

 

月経は

 

生理中

 

↓ ↓ ↓

 

低温期

 

↓ ↓ ↓

 

排卵

 

↓ ↓ ↓

 

高温期

 

↓ ↓ ↓

 

生理

 

というサイクルを続けています。

 

低温期はエストロゲンという女性ホルモン、
高温期はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが関係しています。

 

エストロゲンは女性が妊娠したときに赤ちゃんが育つ子宮内膜を厚くする作用があって、
プロゲステロンは妊娠しなかったときに子宮内膜を剥がす作用があります。

 

子宮内膜

 

特に30代以上の女性に多いのですが、
ホルモンバランスが乱れると、高温期にプロゲステロンの量が減ってくるのです。

 

つまり、低温期にエストロゲンの影響で子宮内膜が厚くなっても
高温期にプロゲステロンの量が少ないために子宮内膜を剥がす量が減ってしまうわけです。

 

経血は剥がれた子宮内膜と血液の集合体です。
だから30代になりプロゲステロンの量が減り子宮内膜が剥がれる量が減ると
経血の量も少なくなってきます。

 

これが30代になり「経血が少ない」と感じる原因です。

 

最後にまとめますと30代になり経血が少なくなる原因は
高温期にプロゲステロンの量が減り剥がれる子宮内膜が少なくなる結果です。

 

経血は剥がれた子宮内膜と血液の集合体ですから
剥がれる子宮内膜の量が減ると経血の量が減るのも当然のことです。

 

こちらも参考に!⇒オリモノの量が多い時があったり少ない時がある原因は?

 

30代で経血が少ないなら原因はコレです」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
スポンサードリンク

関連ページ

子宮筋腫だと経血の量は少ない?
子宮筋腫だと経血の量は少なくなるのでしょうか?それとも多くなるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
20代で経血が少ないなら原因はコレです
20代で経血が少ないなら原因については当サイトで詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次