生理前症状 いつから

生理前症状はいつから?

生理前症状

 

生理前症状として
  • イライラ
  • 腹痛
  • 下痢
  • 食欲が異常に増す
  • 急に大量の汗をかく
  • 夜きちんと寝れない

 

などがあります。

 

生理前症状は月経前症候群、あるいはPMSとも言われています。

 

こんな感じで症状に名前がついているくらい
生理前症状は生理がくる女性にとって誰でも起こるわけです。

 

この記事ではイライラや腹痛など
つらい症状がでる生理前症状はいつから起こるのか?解説します。

 

 

生理前症状はいつから始まりいつ終わるの?

 

まず生理前症状がいつから始まるのか?理解する前に
月経周期について理解しておきましょう。

 

生理前症状

 

月経周期は以下の流れです。

 

生理中

 

↓ ↓ ↓

 

低温期(基礎体温が低い時期)

 

↓ ↓ ↓

 

排卵

 

↓ ↓ ↓

 

高温期(基礎体温が高い時期)

 

↓ ↓ ↓

 

生理が来る

 

排卵が終わって高温期に生理前症状(月経前症候群)がでます。

 

排卵が終わって高温期は約14日間続きます。

 

生理前症状はいつから始まるか?というと
基礎体温が37℃前後と高温になってきた高温期に始まります。

 

そして生理がきたら生理前症状はピタッとおさまります。

 

生理前症状がいつから始まるか把握するためには
排卵日がいつか?把握する必要があるわけです。

 

生理前症状

 

排卵日は基礎体温をつければわかります。
基礎体温が36℃台前半から急に上がり始める頃が排卵日です。

 

そして基礎体温が37℃台前後になってきたら生理前症状が出始める時期になります。

 

こちらも参考に!⇒生理前症状と妊娠初期症状の違いは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

生理前症状と妊娠初期症状の違いは?
生理前症状と妊娠初期症状の違いについてわかりやすく解説しました。
生理前症状として食欲が強くなる理由とは?
生理前症状として食欲が強くなる理由についてわかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次