生理前 胸の痛み 何日前

生理前の胸の痛みって生理何日前から起こるの?

生理前 胸の痛み 何日前

 

「生理前になると胸の痛みがでてつらい」
と感じている方は多いです。

 

胸の痛みの原因には乳腺炎という病気もあります。
ただの生理前の胸の痛みなら正常なので心配はいりません。

 

そこで、生理前の胸の痛みなら生理何日前から起こるものなのか?解説します。

 

生理前の胸の痛みなら何日前から起こる?

 

胸の痛みについて

 

結論としては排卵日以降、生理がくるまでの間なら
いつでも胸の痛みを感じる可能性があります。

 

排卵日は生理がくる2週間前にあります。

 

生理が来る2週間前に、つまり排卵日を過ぎたあたりから
プロゲステロンというホルモンがたくさん分泌されるようになります。

 

プロゲステロンは女性ホルモンの一種です。

 

女性ホルモンには
  • エストロゲン
  • プロゲステロン

 

の2つが生理に関係しています。

 

エストロゲンは生理がきてから排卵日までの間にたくさん分泌されます。
プロゲステロンは排卵日から生理がくるまでたくさん分泌されます。

 

プロゲステロン

 

つまり、

 

生理⇒エストロゲン⇒排卵日⇒プロゲステロン⇒生理

 

という流れです。

 

で、プロゲステロンにはもし妊娠していた時のために
赤ちゃんのベッドの役割になる子宮内膜を厚くさせる作用があります。

 

排卵日に旦那さんや彼氏と仲良しをすることで妊娠するわけです。
だから排卵日の後にプロゲステロンが分泌され、
子宮内膜を厚くさせているのは、すごく合理的だなって感じますね。

 

ただ妊娠していなかった場合には厚くなった子宮内膜は不要です。
だから生理という出来事で、子宮内膜を剥がし、血液と一緒に
体の外に出しているわけです。

 

ところで、プロゲステロンは子宮内膜を厚くさせるだけでありません。
胸を張らせる作用があります。

 

胸が張ることで、100%ではありませんが
胸が痛くなることがあるんです。

 

最後にまとめますと、生理前に胸が痛くなるのは何日前か?というと
生理前2週間の間ならいつでも起こる可能性があります。

 

乳腺炎は生理と関係していません。
だから乳腺炎なら生理前であっても生理中であってもいつでも胸の痛みを感じるはずです。

 

もし常に胸が痛いなら婦人科を受診するようにお願いします。

 

続いて生理痛がひどい方に向けて記事を書きました。

 

こちらも参考に!⇒布ナプキンで生理痛が治まる理由とは?

 

スポンサードリンク

関連ページ

生理前に片方だけ胸の痛みを感じる原因は乳がん?
生理前に片方だけ胸の痛みを感じる原因は乳がんってことは考えられるのでしょうか?わかりやすく解説しました。
生理前に胸の痛みが続く期間は?
生理前に胸の痛みが続く期間はどれくらいでしょうか?わかりやすく解説しました。

トップ おすすめ布ナプキン よく起こるトラブル 生理の悩み 目次